中学英語 英語で学年トップをねらう勉強術

スポンサードリンク

現在完了形 part2 (継続)

<前回の復習>


   『現在形』なら現在のことだけ。
   『過去形』なら過去のことだけ。

           ↓

       『現在完了形』
   
“過去のことから現在のことを、まとめて表すことができる”





<今回の内容>

《基本文》    I have lived in America for two years.

           「私は2年間アメリカに住んでいます」




<解説>


前回は「現在完了形」というのは、これまでに習ってきた「現在形」や「過去形」
とどう違うのかを説明しました。


ひとことで言えば、現在形や過去形は“その時のことしか分からない”のに対して、
現在完了形は、


  “過去のことから現在までを、まとめて表すことができる”


というのが特徴でした。




今回は、この現在完了形の細かい用法をお話していきたいと思います。
現在完了形にも以前学習した『不定詞』のようにいくつかの用法(種類)があります。
大きく分けて3種類ありますので、今回から1つずつ分けて説明していきますね。



それでは登場してもらいましょう。
友梨ちゃ〜ん。



友: は〜い。



カ: 今回はいよいよ現在完了形の各用法を説明していくよ。



友: はい、お願いします。


<現在完了形>



カ: まずは前回の確認だけど、「現在完了形」と「現在形や過去形」の違いは
理解できているかな?




友: はい、それは大丈夫です。




カ: よし、それでは今回の内容を説明していこう。
前回出した例文を使って解説していくよ。


He lives in America.  「彼はアメリカに住んでいます」
(現在形)

He lived in America two years ago.
「彼は2年前にアメリカに住んでいました」
(過去形)


これらはそれぞれ「現在形」と「過去形」の文だけど、この2つの内容
つまり、


「彼は2年前からアメリカに住み始めて、今でもアメリカに住んでいる」


という内容を言いたい時にはどうするのか。
それは、こんな文になるんだよ。





He has lived in America for two years.
「彼は2年間アメリカに住んでいます」



英文の詳しい話は後でするから、まずは上の日本語訳をみてごらん。
『2年間アメリカに住んでいます』と言っているよね。




友: はい。




カ: ということは、この“彼”という人は、2年前にアメリカに住み始めて、
1年前も、半年前も、そして今でもまだアメリカに住んでいるという
ことを言っていない?



友: う〜ん、でも先生。
もしかしたら今から2年前ではなくて、

「もっとずっと前の2年間にアメリカに住んでいた」

ということもあり得るんじゃないですか?



カ: いや、そうではないよ。
どうしてかというと、もしもそうだとしたら日本語訳が、


『彼は2年間アメリカに住んでいました』


となるよね。



「住んでいました」となっていれば、今は住んでいないということになるけど、
「住んでいます」と言っているんだから、今でも住んでいるということになる
でしょう。


だとすると今から2年前に住み始めたから、ちょうど今が2年目ということになる。
意味が分かるかな?




友: あ〜そうか、分かりました。
この文が現在完了形という文なんですね。
この文の作り方を教えてください。




カ: うん、この日本語訳をみて「過去から現在までの内容を表している」ということが
分かったら、次は英文をどう作るのか解説していこう。


まずは、この現在完了形なんだけど、英語での形は、


“have(has) + 過去分詞”


となるんだ。
この「過去分詞」というのは、以前、「受動態」でも出てきたよね。


規則動詞では過去形と同じ『ed』をつければよくて、
不規則動詞は、基本的には覚えていくしかないといったものだけど。




友: はい、過去分詞は覚えています。
その前にある「have(has)」は普通の「持っている」という意味ではないのですか?




カ: うん、一般動詞の意味はないよ。
現在完了形をいうときに使うと覚えておけばいいから。


「have」と「has」の使い分け方は、通常の一般動詞を使う時と同じだから、
三人称単数のときには「has」を使うようにしてね。




友: はい、分かりました。




カ: それで、現在完了形の用法だけど、次のような種類があるよ。



<現在完了形の用法>
1 継続     「ずっと〜している」
2 経験      「〜したことがある」
3 完了・結果 「〜してしまった、〜したところだ」




   今回は1番の「継続」を解説していくね。


<現在完了形 〜継続〜>



カ: 現在完了形というのは、大きく分けて3つの用法があるということは
今いったばかりだけど、『現在完了形』の全てに共通して言えることは、


『過去と現在の関係(つながり)を表す』


ということなんだ。
これはたとえ用法が違っていても、どの用法にも共通して言えるルール
だから忘れないでね。




友: はい。




カ: それで、特に『継続』では、


“過去に始まったことが、現在でもまだ続いている”


という時に使う表現なんだね。
英語にする前に、日本語で考えてみよう。
例えば、



「私は3時間英語を勉強しています」

「彼女は9時間寝ています」

「私たちは今朝からテレビを見ています」



などの文は全て、過去から現在まで続いていることを表していると
いうことが分かるかな?




友: はい、分かります。




カ: 「私は3時間英語を勉強しています」といったら
「3時間前に英語の勉強を始めて、今でもまだやっている」

ということだから、
「私は3時間前に英語を勉強しました」
「私はまだ英語を勉強しています」

という「現在形と過去形」の2つの内容を表しているよね。
他にも



「彼女は9時間寝ています」といったら
「9時間前に寝て、今でもまだ寝ている」

つまり、
「彼女は9時間前に寝ました」
「彼女はまだ寝ています」



ということだよね。
どちらも「現在形と過去形」の2つの内容を表しているんだよ。




友: 本当だ、そうですね。




カ: これが現在完了形の継続というものなんだよ。
それで、いよいよ英語ではどういうのかを解説していくけど。




友: やっとですね。




カ: お待たせ。
さっきも言ったように、英語で現在完了形をいう時には、どの用法でも
必ず、


“have (has) + 過去分詞”


を使う。
そして、継続の時の訳し方は、


“〜している”


というんだよ。
ここで注意をしておきたいのは、この「継続」という用法は、


『今でも続いているということ』


を表すのだから、絶対に、『〜していました』と言ってはいけないという
こと。


分かるよね?だって『〜していました』といったら「もう今はしていない」
みたいだもんね。




友: なるほど、そうですね。
分かりました、訳し方に注意ですね。




カ: そう。それで次に文を実際に作ってみるよ。
さっきの「私は3時間英語を勉強しています」だとしたら



「私は」だから →  I


次に「勉強しています」は、現在完了形のきまり「have(has) +過去分詞」だから、

→   I have studied


次は何を勉強しているのかを書くから、「英語を」で

→  I have studied English


次は「3時間」だから、

→  I have studied English for three hours.



ということで、「I have studied English for three hours.」が正解
となるんだよ。


分かったかな?




友: なんとなく分かった気がします。
私もやってみます。




カ: いいよ、じゃあ 「彼女は9時間寝ています」を英語にしてみて。




友: はい、まずは。



「彼女は」だから →  She


次に「寝ています」を現在完了形のルールで言うと、

→  She has slept


次は「9時間」だから、

→  She has slept for nine hours.



でいいんですか?




カ: そう、それでいいよ。
よく、「slept」という単語が出てきたね。
じゃあ、もう一つの文の「私たちは今朝からテレビを見ています」
も英語にしてみようか。




友: はい、じゃあやってみます。


最初は主語だから、「私たちは」で、

→  We


次は、「見ています」を現在完了形のルールで書くと、

→  We have watched



次は、「テレビを」だから、

→  We have watched TV



その次は、「今朝から」だから・・・あれ?「今朝から」って何て言うんですか?




カ: あっ、そうだね。
「〜から」という単語を教えていなかったね。

現在完了形の中で使われる「〜から」というのは、


“since (スィンス)”


という単語なんだよ。
例えば、「昨日から」といいたかったら、「since yesterday」といえば
いいんだ。




友: そうすると、「今朝から」というのは、今朝が「this morning」だから
「since this morning」ってなるんですか?




カ: そうだよ。
それでさっきの文を作ってごらん。




友: そうすると、最後に「今朝から」をたすから、


「We have watched TV since this morning.」


でいいのでしょうか?




カ: そう、それでOK^^
よくできたね。

それでは、今回の内容を最後にまとめて終わりにしよう。




友: はい、ありがとうございました。



<今回のまとめ>



現在完了形 〜継続〜



形  :have (has) + 過去分詞

意味:〜している

継続用法で使われる副詞 「for (〜の間)」、「since (〜から)」


注意1 have (has) には一般動詞の意味はない。

注意2 訳し方は「〜している」と今でも続いていることが分かるように訳す。
「〜していた」としないように気をつける。




例文)

1 「私は3時間英語を勉強しています」

I have studied English for three hours.


2 「彼女は9時間寝ています」

She has slept for nine hours.


3 「私たちは今朝からテレビを見ています」

We have watched TV since this morning.

スポンサードリンク