関係代名詞 part11 (現在分詞との書きかえ)

スポンサードリンク

関係代名詞 part11 (現在分詞との書きかえ)

<前回の復習>

【長い主語に関係代名詞が入る文】


ポイント:まずはカタマリで切っていき、
関係代名詞が入るカタマリに注意して文を組み立てていく。
英作文の基本は、「主語+動詞」の順序。

※ただし疑問文では変わるので、最初は普通の文を作る。
それを疑問文に変えていく。
という2段階にすると分かりやすくなります。



(例題)

     「恵美と話をしている女の人は私の母です」


                 ↓(スラッシュできると・・・)


   「恵美と話をしている女の人は / 私の母 / です」
       (主語)                   (動詞)


               ↓


   「恵美と話をしている女の人は / 私の母 / です」
         1番              3番    2番  (←英語で並べるときの順番)


               ↓(これを英語の順番にかえると・・・)


   「女の人 ← 恵美と話をしている / です / 私の母」
          (主語)           (動詞)


               ↓(これを英語に直すと・・・)


   「The woman who is talking with Emi / is / my mother」
           (主語)            (動詞)


                 ↓


   「The woman who is talking with Emi is my mother.」 (完成!)


<今回の内容>


          「関係代名詞 part11 (現在分詞との書きかえ)」

  《基本文》 The boy who is playing tennis over there is Ken.

        =The boy      playing tennis over there is Ken.

          (むこうでテニスをしている少年は健です)


<解説>


みなさんこんにちは。
関係代名詞のシリーズが今だに続いています。


しかし、これだけ続くということは、それだけテストに出題される内容がたくさんある
ということなんです。
頑張ってくださいね。


さて、今回は関係代名詞を含んだ書きかえ問題です。
分詞といえば現在分詞と過去分詞という2種類がありますが、その中でも今回は「現在分詞」
との書きかえにしぼって解説していきます。
では始めていきましょう。




<関係代名詞の文を分詞を使って書きかえる>


カ: 美緒ちゃん、こんにちは。




美: 先生こんにちは。




カ: 関係代名詞も終盤にさしかかってきているけど、今回は書きかえ問題の
   解説をしていくよ。


   ところで、以前に勉強した「分詞」は覚えているかな?




美: はい、「現在分詞」と「過去分詞」があるんですよね。




カ: そう、そして「現在分詞」は「〜している」となり、
   「過去分詞」は「〜された、〜されている」のような
   意味になっていたんだよね。


   今回は、このうち「現在分詞」と「関係代名詞」の書きかえを解説していくよ。
   じゃあ、まずは次の文を見てごらん。


   The boy who is playing tennis over there is Ken.

   「むこうでテニスをしている少年は健です」




   この文を分解するとこうなるよね。


   The boy who is playing tennis over there / is Ken.
      ↑         ↑
    先行詞      進行形  
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−
             主語


   「むこうでテニスをしている少年は / 健です」


   これは「who」という関係代名詞を使った文だけど、
   その後ろには「is playing」と“現在進行形”の表現も使われているので、
   「〜している」となっているでしょう?




美: あっ、本当だ。




カ: このように「〜している」という意味が入っている場合は「現在分詞」を使って
   書きかえることができるんだ。
   実際に書きかえた文がこれだよ。



   The boy playing tennis over there is Ken.



   どこが変わったか分かるかな?




美: なんかほとんど同じにしか見えませんが・・・。




カ: そう、その通り。
   ほとんど同じなんだよ。
   2つの文を比べてみるよ。



   (関係代名詞)

   The boy who is playing tennis over there is Ken.

   (現在分詞)

   The boy      playing tennis over there is Ken.  



   この2つの文の違いは、「who is」の部分!
   上の文は関係代名詞を使った文なので、当然「who」という関係代名詞を使うんだけど、
   その他に



   “be動詞”



   も入っているんだ。
   これは進行形のルールを思い出してくれれば分かると思うけど、


   
   進行形 → 「be動詞+〜ing」   



   だったよね。
   そのために「who is」とするんだね。



   ところが、それに対して分詞を使って書くときには、現在分詞の中に「〜している」
   という“進行形”の意味が入っているから、このbe動詞は省略してしまうんだよ。


   つまり、関係代名詞を使って「〜している」という文を、現在分詞を使って書きかえる
   ときには、結論として、「関係代名詞 + be動詞」が省略されるということになるんだよ。



美: 結局は関係代名詞の文で、「〜している」という文を現在分詞を使って書きかえるときには、
   「関係代名詞 + be動詞」の部分を省略すればいいということですね。



カ: そういうことだね。
   ちょっと練習してみようか。


   (練習)

   The birds which are flying in the sky are beautiful.
 =

   「空を飛んでいるそれらの鳥は美しい」


   例文は今一つだけど(笑)、とりあえず書きかえの練習として考えてみて。




美: え〜と、上が関係代名詞を使っている文だから「関係代名詞 + be動詞」
   を省略すればいいんですよね。
   じゃあ、これでいいのかな?


   The birds flying in the sky are beautiful.



カ: そう、それでいいんだよ。
   ちょっと今の文を解説してみよう。
   まずは問題文を分解するよ。


   The birds which are flying in the sky are beautiful.

              ↓

   The birds which are flying in the sky / are / beautiful.
     ↑          ↑
    先行詞      進行形  
   −−−−−−−−−−−−−−−−
           主語


   ※主語の中に関係代名詞が入った言い方があり、さらにその中に
     進行形が入っている。

    進行形は「be動詞+ing」なので、「are flying」となっている。


              ↓

   この文を現在分詞を使って書きかえるとなると、当然、関係代名詞は
   使わなくなるので「which」が消える。

              ↓

   次に、現在分詞の中に「〜している」という意味があるので、進行形
   の形にする必要がないので、「be動詞」も取り除く。

              ↓

   その結果、上の問題文では「which are」を除いた残りの文が答えとなり、
   正解は・・・

              ↓

   The birds flying in the sky are beautiful.
          ↑
     ここに入っていた「which are」が消えた

              ↓

             となる。



美: はい、よく分かりました。
   


カ: じゃあ今回はここまでにしておこう。
   次回は「過去分詞との書きかえ」を解説していくよ。

   今回の内容が理解できれば、次回も楽勝だからきちんと復習して
   おいてね。



美: はい、ありがとうございました。


<今回のまとめ>


  (関係代名詞)

   The boy who is playing tennis over there is Ken.

  (現在分詞)

   The boy      playing tennis over there is Ken.


   ※関係代名詞を使った文の場合を現在分詞を使って書きかえると

    1 関係代名詞は消える。

    2 現在分詞の中に「〜している」という意味があるので
      進行形の形にする必要がない。「be動詞」をカット
        
             ↓

      「関係代名詞 + be動詞」をカットする      

スポンサードリンク