一般動詞の否定文

スポンサードリンク

一般動詞の否定文

前回の復習

  • 動詞には2種類ある。
    be動詞一般動詞
  • 1つの文では動詞は1つしか使ってはいけない。
    × I am play tennis.
  • 英文を作る順番は今までと同じルール
    私はテニスが好きです → 「私は 好きです テニスが」 → 「I like tennis.」
    あなたは速く泳ぎます → 「あなたは 泳ぎます 速く」 → 「You swim fast.

今回の内容

一般動詞(三人称単数以外)の否定文

I don't play tennis.「私はテニスをしません

解説

みなさん、こんにちは。

さて、今回は前回勉強した一般動詞の否定文を勉強しましょう。

否定文て何だっけッて人はいるかな?否定文ていうのは「〜ではありません」といういみになるものだったよね。

それでは上の基本文を見て、見なれない「don't」(ドントゥ)なんていうのが入ってるよね。これが今回の主役でこれが入ると否定文になるんだよ。ちょっと前回勉強した肯定文(普通の文)を思い出してみよう。

I play tennis.
「私はテニスをします」

I(私は) / play(します) / tennis(テニスを)

とこういう形になっていたんだよね。その文のI と play の間に「don't」が入ったんだよ。これによって次のように変わるんだね。

I(私は) / don't play(しません) / tennis(テニスを)

つまり「私はテニスをしません」という文に変わるんだ。これからは一般動詞の文を否定文に変える時には一般動詞の前に「don't」を入れるって覚えておいてね。

そこまでが分かれば他も分かるでしょう?
そう、

You like baseball.
「あなたは野球が好きです」

この文を否定文にするにはどうしたら良いのか。今説明したように「一般動詞の前にdon'tを入れればいい」んだからこうなるよね。

You don't like baseball.

You(あなたは)/ don't like(好きではありません)/ baseball(野球が)

理解できたかな?
それでは練習問題に移っていこう。

今回の内容はそれほど難しくないと思うんだけど一つ気になるのがみんなの頭の中で、

「こないだまでの否定文と今やってる否定文は何が違うんだろう?」

なんて混乱してないかな?
それではとりあえず今回の内容を練習してみよう。

練習問題

次の文を否定文になおし、その意味も書きなさい。

1、I know Tom.

2、I have a book.

3、I swim fast.

4、You run fast.

解答と解説

さっきまでで解説したことをしっかり頭に入れて考えてみよう。ポイントは「一般動詞の前にdon'tをいれる」ってことだね。

1、I don't know Tom.

I(私は)/ don't know(知らない)/ Tom(トムを)

となるから意味は「私はトムを知りません」


2、I don't have a book.

I(私は)/ don't have(持ってません)/ a book(本を)

なので「私は本を持ってません」


3、I don't swim fast.

I(私は)/ don't swim(泳ぎません)/ fast(速く)

「私は速く泳ぎません」


4、You don't run fast.

You(あなたは)/ don't run(走りません)/ fast(速く)

「あなたは速く走りません」

どうだろう、全部できたかな?それでは今回のまとめに移りましょう。

今回のまとめ

一般動詞の否定文の作り方
『一般動詞の前に「don't」を入れる』

意味
『〜をしません』

例文)
I don't play tennis.
「私はテニスをしません

スポンサードリンク