中学英語
英語で学年トップをねらう勉強術

トップページ > 英語の学習 > 中学1年生 > 三人称単数 part1(三人称単数って何?)

第29回
「三人称単数 part1(三人称単数って何?)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回の復習

Ken, open the door. 「ケン、ドアを開けなさい」

『コンマが入っているということは呼びかけだから、日本語に訳す時には「ケン、~」のようにする。間違っても「ケンは~です」のように主語のように訳してはいけない

今回の内容

三人称単数というのは 「I と You と 複数以外」

解説

『三人称単数』というのは何でしょう?

今回はこの『三人称単数』というのは何なのかを勉強します。

中学1年生のみんなはこれからこの『三人称単数』というのを習うけど、中学2、3年生の先輩達は当然中1の時に勉強しているんだね。

ところが、結構この『三人称単数』が分からないまま学年だけ進んで、英語の内容も進んでしまっている人が多いんだよ。

この『三人称単数』というのは非常に大切で、ココが分からないと本当に後で英語が分からなくて苦労することになるからね、しっかり勉強しよう。

と、こんなに最初からウルサク言われると、さぞかし難しいことをやるのかなと思うかもしれないけど、意外にもそんなに難しいものではないんだ。

分からなくなってしまう人のほとんどが、最初の習い始めのとき適当に話を聞いたり、きちんと覚えようとしていないからなんだね。

だから、ちょっとシツコクうるさいくらいに言ったんだけど、でも大切のことには変わりないからよ~く聞いてるんだよ!

三人称単数

それではお待たせしました。
いよいよ『三人称単数』とは何なのかを発表しましょう。

『三人称単数』とは・・・

“I と You 以外の単数” これだけでーす!

???何それ、なんかよく分からないし、それにたったそれだけ?

そうです『三人称単数』とは“I と You 以外の単数”とこれだけです。

これがどう大切なのかとか、実際に英語を使う時にはどのように利用するのかは次回詳しく説明するので、今回はとにかく“I と You 以外の単数”これを覚えてほしいんだね。

何で三人称単数というのかはあえてここでは説明しません、何でかって?

それは、はっきり言って別にそんなことは大切ではないから。

それよりも『三人称単数』はといわれたら“I と You 以外の単数”といえることの方がず~っと大切だからね。

みんなはたった今習ったばかりだから“I と You 以外の単数”といっても具体的にどんなものがこれに当てはまるのかに慣れていないからちょっとその解説だけはしておこう。

三人称単数を具体的にいうと・・

“I と You 以外の単数”といわれてもこれがイッパイあるんだよ。

“I と You 以外の単数”ということは、「私」と「あなた」以外の単数は全てなんだから、例えば

「彼」「彼女」なんかがそうだよ。

これは男の子や女の子一人のことをさす言葉だもんね。

それから「トム」や「ケン」などの具体的な人の名前なんかもそう。

他には「私のお母さん」「あなたのお父さん」なんかもそうだよ。これらは結構間違いやすいから気をつけよう。考え方としては、

「私のお母さん」→「彼女」(ふつう日本語では言わないけど、一応一人の女の人だからね)

「あなたのお父さん」→「彼」(これも上と同じで、一人の男の人でしょ?)

こうやって考えて、“「彼」や「彼女」に変えられるなら三人称単数”と覚えておこう。

それから人間だけではなくて「それ」「この本」なんかもそうだよ。

こうやって考えていくと結構いろんなものが三人称単数になるでしょう?

初めのうちは混乱するところもあるかもしれないけど、問題をといて間違えていくうちに必ず慣れてきて間違えなくなるから、辛抱強く頑張ろう。

今回のまとめ

『三人称単数』とは → “I と You 以外の単数”

スポンサーリンク



このページのトップへ
サイトのトップへ
「命令文 part3(呼びかけ)」(前のページ)へ
「三人称単数 part2(今までの文と何が違うの?)」(次のページ)へ