命令文 part1(命令文の基本形と禁止の命令文)

スポンサードリンク

命令文 part1(命令文の基本形と禁止の命令文)

1.次の英文を命令文に直しなさい。

(1) You help your mother.

(2) You wash your hands.

(3) You don't watch TV now.

(4) You don't get up late.

2.次の日本文を英語に直しなさい。

(1) ドアを閉めなさい。

(2) 私の話を聞きなさい。

(3) 私と一緒に来てはいけません。

(4) 私のペンを使ってはいけません。

解答・解説

1.次の英文を命令文に直しなさい。

(1) You help your mother.

命令文というのは目の前にいる「相手」に向かって話す言い方なので「You」という主語はとってしまいます。

そうすると自然と文の最初に来るものは「動詞」になることが分かりますね。

命令文はこのように「動詞」で書き始めて「〜しなさい」と訳します。

正解)

「Help your mother.」
(あなたのお母さんの手伝いをしなさい)


(2) You wash your hands.

この問題も同じように考えれば全く問題ないでしょう。
主語の「You」をとって、動詞で始めるだけです。

正解)

「Wash your hands.」
(手を洗いなさい)

※無理に「あなたの手を」と言わない方が日本語として自然なのでここでは入れませんが、英語で書く時には必ず「your」を入れ忘れないように。


(3) You don't watch TV now.

今度の文は元の文が否定文になっていますね。「あなたは今テレビを見ません」という意味です。

この文を命令文にするということは「禁止の命令文」(〜してはいけません)にするということです。

禁止の命令文は「Don't」で始めるのが原則です。

結局この問題文でも主語の「You」をとってあげれば次にあるのが「don't」ですからそこから書いてあげればOKということになります。

正解)

「Don't watch TV now.」
(今、テレビを見てはいけません)


(4) You don't get up late.

上の(3)と同じように考えていけば問題なく解けますね。
主語の「You」をとって「Don't」で書き始めるということです。

正解)

「Don't get up late.」
(遅く起きてはいけません)


2.次の日本文を英語に直しなさい。

さて、今度は英語で命令文を作っていきましょう。

(1) ドアを閉めなさい。

まずは確認「〜しなさい」という言い方は命令文で、このときには「動詞」で始めるというのがルールでした。

この問題の動詞は「閉める」ですね。これは「close」といいます。ですからこの単語で文を書き始めることになります。

また、その後ろにはドア「the door」(どのドアなのか指定するためにtheをつけます)を続けてあげれば完成です。

正解)

「Close the door.」
(ドアを閉めなさい)

※もしも「ドアを開けなさい」なら「Open the door.」となります。


(2) 私の話を聞きなさい。

この問題文の動詞は「聞きなさい」の「聞く」です。

「〜を聞く」という動詞は「listen to 〜」と言います。

また「人の話を聞く」という時には「listen to 人」という言い方になりますので覚えておきましょう。

正解)

「Listen to me.」
(私の話を聞きなさい)


(3) 私と一緒に来てはいけません。

今度は「〜してはいけません」という禁止の命令文です。禁止の命令文の場合には「Don't 〜」という言い方になりましたね。

この「Don't」の後ろには動詞がきます。ここでは「来る」という動詞ですから「come」になります。

「〜と一緒に」というのは「with 〜」という前置詞です。

そして最後の「私」というのは「me」になります。「私」と聞くとすぐに「I」と思ってしまう人がいますが前置詞の後ろにくるときは“目的格”(〜を)ですからね。

ちなみに前置詞というのはここででてきた「with」以外にも「on, at, of, for, before, afterなど」たくさんあります。

「私と一緒に来てはいけません」

    ↓

「来てはいけません / 私と一緒に」

    ↓

「Don't come / with me.」

    ↓

「Don't come with me.」 となります。

正解)

「Don't come with me.」
(私と一緒に来てはいけません)


(4) 私のペンを使ってはいけません。

最後の問題です。

ここでも禁止の命令文ですね。次のように考えていきましょう。

「私のペンを / 使ってはいけません」

    ↓

「使ってはいけません / 私のペンを」

    ↓

「Don't use / my pen.」

    ↓

「Don't use my pen.」

正解)

「Don't use my pen.」
(私のペンを使ってはいけません)

スポンサードリンク