be動詞の過去形 part1(肯定文)

スポンサードリンク

be動詞の過去形 part1(肯定文)

be動詞の過去形

  • is , am → was
  • are   → were

と変わります。現在形で「is , am , are」を使っていたところをそれぞれ「is , am」なら「was」に、「are」なら「were」に変えてあげればいいだけです。

あとは一緒に過去形を表す言葉「yesterdayなど」を後ろにつなげて文を作ることができます。

ただし、この過去形を表す言葉が入っていないと文が過去形にならないわけではないので勘違いしないようにして下さいね。あくまでも、動詞が過去形になれば“過去の文”になっているのですから。

練習問題

次の文をカッコの中の語を加えて文全体を書きかえなさい。

(1) My parents are at home.(yesterday)

(2) I am twenty years old. (last year)

(3) His sister is in America. (two years ago)

(4) We are busy. (last night)

解答・解説

それでは解答を見ていきましょう。今回の内容は特に難しくはないと思いますが、自分の考えた答えと違っていないかよく確かめてください。

(1) My parents are at home.(yesterday)

ここで使われているbe動詞は「are」です。

「are」の過去形は「were」でしたからこの部分を変えて、最後にカッコの言葉を足してあげれば完成です。

正解)

My parents were at home yesterday.
(私の両親は昨日家にいました)

※「be at home」で「家にいる」という意味の熟語です。


(2) I am twenty years old. (last year)

はい、次です。

今度は「am」が使われていますね。「am」と「is」は過去形になるとどちらも「was」で共通になります。

正解)

I was twenty years old last year.
(私は去年20歳でした)

※「〜 years old」は「〜歳」という意味です。


(3) His sister is in America. (two years ago)

今度は「is」が使われています。

(2)で言ったように「is」と「am」はどちらも過去形になると「was」となります。

正解)

His sister was in America two years ago.
(彼の姉妹は2年前アメリカにいました)

※ここで使われているbe動詞は「〜です」という意味ではなく、「〜にいる」という意味になります。

これは後ろに「前置詞(at, on, in, with, ofなど)」があるときの訳し方の特徴で、生き物が主語なら「〜にいる」、物が主語なら「〜にある」と訳します。


(4) We are busy. (last night)

最後の問題です。

ここでも特に難しいことはなくて、同じように考えていくだけです。

正解)

We were busy last night.
(私達は昨夜忙しかった)

今回の内容は以上です。be動詞の過去形は現在形で3つあったものが2つに減ります。

  • 「is」,「am」 → 「was」
  • 「are」 → 「were」

これだけです。あとは現在形と同じ考え方なので難しく考えなくて大丈夫です^^

不規則動詞の一覧表をダウンロード

不規則動詞一覧表(確認テストも一緒にどうぞ)

スポンサードリンク