レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン【31日間無料 英語音声教材付】


レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン【31日間無料 英語音声教材付】

英会話のレベッカ先生レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン 【31日間無料!英語音声教材付き】

レベッカ先生の英会話レッスンを始めました

レベッカ先生の英会話レッスンを私も始めてみました。

毎朝7時にメールでその日の内容のスクリプトと音声mp3のダウンロードURLが送られてきます。スクリプトは英語と日本語の両方がついているので、英語の苦手な人にも問題ないでしょう。

正直、最初は「あいさつ」や「自己紹介」のようなものなので、始める前は「ちょっと物足りないかな」と思っていました。

しかし、実際に始めてみると同じ内容が「スロースピード」と「ナチュラルスピード」の両方用意されています。この「ナチュラルスピード」は日本人に一切容赦のない、まさにネイティブ同士の自然なスピードの英語になっています。

英会話学校で英語が身につかない理由

日本で英会話学校に通ってもなかなか実践で使える英会話力がつかないのは事実です。実際に私も学生時代に英会話学校に数十万円のお金を払って通ったことがありました。しかし英会話の力はほとんど変わりませんでした。それはなぜかというと、次のようなことが考えられます。

1.英会話学校の先生が日本人慣れしすぎている

日本の英会話の先生は日本語に慣れています。もしくはそれほど離せなくても英会話学校で話される内容はどれも似たり寄ったりなので、日本人のつたない英語でも言いたいことをくみ取ってくれます

すると、英会話の力がなくても会話は成立してしまいます。もちろん英語の表現をそのたびに正しく訂正してくれて、それをメモをとるなどができれば後で繰り返し練習ができますが、なかなか現状は違います。そのため英会話の力は上達しません

2.外国人講師が日本人向けの英語を話す

英会話学校にいる外国人講師は、毎日のように日本人に英語で話しかけています。そして何度となく単なるあいさつ程度の内容でもネイティブ同士のスピードや発音で話しかけると「ポカーン」とされたり、「Pardon?」の攻撃を受けたりということがありすぎるので、つい手加減をした英語を常に使うようになります。

英会話学校に通われた人なら分かると思いますが、日本人に話しかけるときと外国人講師同士の会話のあまりの違いに愕然としたことがあるのではないでしょうか。

授業の中で外国人講師から英語で語りかけられ、最初のうちはその内容を理解し、一つや二つ返答するだけで、

「お〜、俺って(私って)外人とコミュニケーションをとってるよ」

と感動するものです。そんな日が何回か続くと、英語に対して大変自信がつくのですが、あるとき外国人講師同士が楽しそうに話をしているのを目にしたときに、まったく何を言っているのか分からない。このときに愕然とするのです

しかし、この「ネイティブ同士の容赦ない英語」を聞き取れないと外国でコミュニケーションをとることはできないのです。

英会話のレベッカ先生レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン(31日間無料体験)

私の海外旅行体験

このように言っている私も学生のときに英会話学校でとりあえずの自信をつけて海外旅行をしました。

「外国といったら基本はアメリカでしょう!」

と大学の卒業旅行で友人数人とサンフランシスコ、ロサンゼルス、ラスベガス、ハワイと2週間かけて行った経験があります。ここでは英語でコミュニケーションをとるのは私の役目となり、航空券などのチケットやホテルの予約なども全て行うことになりました。

自信たっぷりで行ったにもかかわらず、レンタカー一つ借りるのにも大変でした。レンタカーを返すときにガソリンを満タンにして返しますが、そのときに

「I filled up the gas.」
(ガソリンは満タンにしました)

と言ったときに初めて一発で通じてすごくうれしかったのを覚えています。そして一番苦労したのが電話で英語を使うときです。面と向かって話すときにはジェスチャーも使えるので、まだ通じやすいのです。しかし電話ではそうはいきません。

航空券の予約やコンファメーション(予約の確認)が一番大変でした。間違って伝わってしまったらどうなるか分かりません。長々と電話を切らずにしつこくフレーズを変えて確認したのを今でも覚えています。

また、少し慣れてくると相手の言っていることは理解できるようになってくるのですが、こちらの言いたいことをなかなか言葉にできなくてもどかしかったことも記憶しています。

英会話のレベッカ先生レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン(31日間無料体験)

英会話の力を上達させるには

結局、日本で習う英語はほとんどが日本人向けに調整されているものが多いのです。

では本当の英会話力とはどんなものなのでしょうか?それは

「ネイティブ同士の、あの容赦ないスピードと発音についていけるようになること」
「自分の言いたいことを瞬時に英語で言えること」

です。この2つの力が身につけば、英語圏に旅行に行っても問題ないです。もちろん現地の文化を勉強しておくというようなことは必要ですが、言葉の面では困らないでしょう。

そのためには「ネイティブの容赦ない英語に慣れる」「くり返し練習ができる」教材ということになりますが、その2点にこの教材は適しています。

私も最近また英会話の力が鈍ってきたので探していたらこの教材に出会ったので早速始めました。一日分が短く、飽きずに続けられます。

しかも、1ヶ月間無料でお試しができて、気に入ったら毎月1000円で続ければよく、いつでも退会できるので束縛感がないので、英会話に興味のある人は試してみると良いと思います。私は今後も続けていくつもりです。

英会話のレベッカ先生レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン(31日間無料体験)